大きい会社の障害者受け入れ

大きい会社の障害者受け入れ

 

大企業では、障害者就職をやっているところが殆どで、障害者受け入れやるのが当たり前になっています。

 

私が以前働いていた職場も、その制度を利用していて転職してきた同僚の方が少しだけ手助けが必要な方でした。

 

最初は不安だったりしたのですが、一緒に仕事をして、慣れてみると相手の言いたい事ややりたいことが理解できるようになり、特に気にならなくなりました。

 

飲み会なんかも良くある職場だったのですが、たまに参加したりして、とても気さくな子で、それ以来、プライベートでも遊びに行くようになったんです。
遊ぶ時も多少の手助けは必要かもしれませんが、私と何ら変わらないですし、仕事も同じようにお互い助け合っていれば、大丈夫でした。

 

むしろその子の方が、仕事ができる部分もあったりして、私の方が助けられてる?と思う事もしばしば。

 

ただ、その時に感じたのは、こうやって障害者の方と仕事をすることで私たちの考えも変わったりして、とても意味があるものなのだなと思えました。

 

大手企業が障害者受け入れをすることは賛否両論ありますが、私はとても素敵なことだと思います。